生まれる前につけよう|赤ちゃんに良い名前を付けるなら、画数を気を付けてみよう
ハットをかぶっている女性

生まれる前につけよう

ピースサインをしている女性

なかなかうまく良い名前が決まらずに時間だけが経ってしまう場合ももちろんあるでしょう。ただ出産後に名前を初めて決める場合はあまり時間がありませんので、できることなら妊娠中に赤ちゃんの名前を決めておくことをおすすめします。ちなみに一般的にも赤ちゃんの名前は妊娠中に決められていたりするので、常に余裕を持って行動していってほしいと思います。また妊娠中に赤ちゃんの名前を決めるメリットが実は他にもあります。それは「赤ちゃんと身近な距離を感じられるようになる」ということです。すでに名前を決めておけば毎回赤ちゃんに声をかける際に名前を呼べるので、もう生まれた後のように赤ちゃんと楽しくコミュニケーションを図ることができるでしょう。また旦那さんにも本当に親になることを自覚してもらいやすくなります。名前が決まれば当然旦那さんにもその名前をおなかの前で口ずさんでもらうことになるので、しっかり名前を決めておいてください。ただそう言われてもすぐにはなかなか決められない場合もあると思います。そんなときは「胎児ネーム」がおすすめです。これは生まれる前にだけ利用する名前になるので、特別時間をかけて考える必要がないです。たとえば一般的には「ぽんちゃん」とか「とんちゃん」みたいな感じでよくあるあだ名みたいな形で胎児ネームを決めている場合があります。決め方は別になんでもよく、大体おなかの中の動きによって決める人が多いです。おなかをよくたたくならどんちゃんでも良いですし、よく寝返りを打つような漢字がしたらころちゃんみたいな感じで全然OKです。