親の使命として|赤ちゃんに良い名前を付けるなら、画数を気を付けてみよう
ハットをかぶっている女性

親の使命として

ワンピースの女性

親として本当に良い名前を赤ちゃんに与えてあげたいところだと思いますが、あまり時代の流行りには乗りすぎない方が良いかもしれません。
というのも最近はよくいろんなところで「キラキラネーム」を聞くようになりました。キラキラネームというのはいわゆる一般的な名前の付け方とは違い、すでに存在する物や事、そしてゲームの主人公といったものをそのまま名前にする名付けかたです。日本人の名前としてはかなりかけ離れた名前になりやすいので、付けたときはよくても、後悔しかねません。もちろん親以上にキラキラネームを名付けられてしまった子供が壮絶な人生を歩んでしまう可能性も出てきてしまうでしょう。キラキラネームを付けられて結局良かったなんて事例は現状ではほとんど耳にしません。ネーミングセンスによっては間違いなくいろんな人から毎回名前についていじられるようになりますし、その名前が原因でいろんなイジメに発展してしまうおそれも当然あります。今の社会ではイジメのせいでよく自殺を図るような子供もたくさんいるので、ある意味キラキラネームのせいで大事な子供を親が間接的に殺してしまうことになるわけです。そんなことがあっていいわけありませんよね。だからあなたは親の責任として、ちゃんとしたまともな名前を子供に与えてあげる必要があります。キラキラネームひとつで子供の人生を壊さないように、しっかりとパートナーと相談しながら良い名前を考えてあげましょう。